FC2ブログ
2013/11/06

こぎんさしが楽しい


締め切りの作品をなんとか送って、プロセスの仕事のも送って少しほっとして

又始めたこぎんさし

P1030468.jpg

今さしてるこぎん

なんとなくこぎんらしくない模様がいいかな、、

P1030447_20131106111728c8f.jpg

何にしましょうか、、

P1030451.jpg

来年の手帳カバーにしようと思ったけれど、、あんまりよくない??

手帳カバーは違うのにしまーす

P1030259.jpg

Hさんが刺したもの、、どこが違うのか写真ではみえないけれども、、糸目がふんわりできれい、、

糸のひき方と糸をいつもよれてない状態で刺さなければこんな風にはならない

わかっているけど、、、、私のはまだまだだわ

P1030420.jpg

海岸線で見つけた花、クコの花

P1030409_201311061133074d6.jpg

クコの実も

P1030432.jpg

コハマギク

ここまで全部ちょうど同じ花をaoikesiさんがUPされててわかりました、、名前が

aoikesiさんありがとう~~!!

P1030425.jpg

でも、これはわかりません、、赤い実はテリハノイバラの実

黄色のはウンランでした、、aoikesiさんありがとうございます!

P1030413.jpg

この花たちが咲いてたのは磯浜の先の海岸線の崖の草むらの中

P1030434.jpg


P1030436.jpg


P1030437.jpg

この崖の上まできた津波、、崖の上のおうちも流されてしまった

それでも野草たちは又咲いててくれて、、野草にまけるな~!ですね

コメント

非公開コメント

Kさんはコギンさしのような細かい仕事もなさるんですね。
テリハノイバラと並んでいる花はウンランです。
私は見つけなかった、残念。

え?もう?

こんなに刺したんですか?

それにしても締め切り余裕で間に合ったんですね。
もしかしてこぎんのお陰でしょうか?

色を変えて刺すのも楽しいですね。
うん、そうそう。糸がねじれないようにやさしくふわっと・・・ですね~

津波、こんな高いところまで来ているのに
あれは防潮堤ですか?

aoikesiさんへ

ウンランですね、、ありがとうございました!

磯浜の少し先、通行止めになっていて、そこに車とめてすぐ左側のところに咲いてました。
行ってみますか?

kekkowさんへ

締切まで余裕じゃないですよ!!
毎日必死でしたー!

ミシンは終わり、手でのししゅうだったからね
やってもやっても終わりません
戻ったらもう少し手をいれまする
他の展示のものもこれからまだまだあるしね~~

こぎんは気運転換、何も考えずにひたすら目数かぞえるってのが
なんだか楽しいのよ

いままでししゅう針でやってたけど、今日こぎん用の針買ったら、なんと、、刺しやすい!!!

そう、津波は崖の上を越してったんだよ、一緒に行ったところだよ。
道路が寸断されてた場所、ここの先に新地の風の碑があったところ

はい防潮堤だよ、以前の風景は消えてしまったよ

うは~

楽しく刺してるの見ればわかります^^
糸のグラデーションもきれいですね~
同じ模様でも糸の色を変えるだけで気分転換、
楽しくさせますよね。

そうかぁ、糸の撚りを直しながら刺すといいのですね。
針も縫えればいいってもんじゃないのですね~^^
勉強になります。

Hさんのもやさしくてきれいです!

無心になって楽しい事をする時間って、すごく大事なことだと思います^^

うわぁ~、すごい!細かい!
確かに無心になれる何かがあるのって良いことですね。
作品になるって言うのもね♪
かなり高い崖だと思うけれど、津波がこんな所まで来るなんて今思っても恐かったでしょうね。
クコの花は初めて見たけれどかわいい!
杏仁豆腐が食べたくなりました(*^_^*)

わからない・・・

あれが防潮堤ということはそのこちら側に道路が作られるのかな?

防潮堤を越えた津波は越えた途端もっとすごい威力で襲ってくるよね・・・

2枚目に写ってる島みたいなところの周りは津波で削られた?それとも機械で削ったの?
連れて行ってもらったときは海岸が見えただけだよね?
Kさんここが好きでこの海岸に来ていたって場所だよね?
全然わからないんです。

それにこの工事本当に必要を満たしているのかな。
「庶民」はどう反応してますか?

ka-boさんへ

夕べもホテルで刺してましたー
でもミスに気が付いて、ほどこうかどうしようか迷ってまする

色が変わってるのは、同じ色の糸がなかったこともあります
意識的にグラデーションもあるだろうけどね
Hさんはししゅう糸でするときは、6本全部ほどいてきれいにしてからさすんだそう、、

私にはできません、でも針目がぜんぜん違うのよ
今のところ模様が出るのがおもしろくって糸まで気がまわらないわたし

imaさんへ

今のところまだ飽きてないからしばらくは続きそう

やってみます?

津波、この崖の上まで届いてました、なんていったって
この先の道路は完全に寸断されてたし、元に戻るのはいつのことか

クコの実、「あれ」でしたね、そういわれればこんな赤い実が入ってました
はは、、私も杏仁豆腐食べたくなりましたー!

kekkowさんへ

何度も通った私たちでさえもあまりの変わりように
どこがどうだったのかが分からない場所もたくさんあるよ

今日の写真の場所は、車を止めてまっすぐ前方へ行って、道路が寸断された場所から見てたけど
ここは車とめたところから左側の海
島みたいに見えるところの上の木々がまばらでしょ、そこまで来てるってことだよ

道路がつながるのはいつのことやら

で、防潮堤は必要だと思う、でも必要以上に高いのはいらないと思います
何かがおきたときに避難できる場所の確保だと思う
海岸線ではあまりの防潮堤の高さに地元の人たちが猛反対してるところもあるよ
役人が机の上で考えてることっていっぱいあるからね
そこに住むのは現地のひとたちなんだし

もうホテルでまーす

お疲れ様でした

こぎん刺し、はまってますね

はい、早速糸の準備をしないといけませんです

次またの時には、糸屋さんにも行ってみます

明日も頑張ってください!

りこぴんさんへ

りこぴんさんもお疲れ様でしたー

やってるかな?

わたしは何度ほどいたか、、、笑ってしまいましたよ
やめちゃえって思ったけど、意地??
またやってますわ。

帰ったらまた仕事がんばらなくってはいけないしね
もう少しやってから本読んで寝ることに

小さい質問

こぎん刺しって、刺し子なんですか?刺しゅう?

調べたら、なんとなくルーツはわかったような
・・・刺しゅうだと思ってましたけど
刺し子なのですか?

麻布に糸を刺しゅうするか刺すかの違い?

楽しんでやってみます

りこぴんさんへ

帰ってきました!

早めに終わって一つ早い新幹線で帰宅です

こぎん、、見てきました、刺し子の一種ってありました。

やってますか??

出来たら見せてくださーい!

昔農家の人は木綿が手に入らなかったので麻布にすれてしまいそうな場所にこぎんを刺したり
寒い冬には少しd目おあったかくなるように麻布にさしたのが初めらしいね

木綿が手に入るようになってからこぎんもすたれてしまったと、、

もうこんなに!

出来たんですね~~!
こぎんは刺し子なんだ!刺繍とばかり思っていました。
昔の人の知恵って凄いな~!と思います。
だんだんすたれて行ってしまうのが残念ですね。

昔、スゥエーデン刺繍やったの思い出しました。
最近やっている人いるのかしら・・・・?

kazahanaさんへ

そう、刺し子の一種だそうな

こういうことを昔の灯のもとでこつこつさしてったのだろうね
昔の人はすごい!

絶対できないって思ってたのが、始めてみたらば、、
やめられません
でも、ドームの作品撮影が終わって戻ってきたので又
ドームモードに試合といかません!!

スエーデンししゅう、、ありましたね、、したことないけれど
いっぱいやってる人がいました

kazahanaさんもやってみませんか?
こぎん刺しを