FC2ブログ

旧観慶丸商店


ka-boさんたちが展示会をしたところは、石巻の旧観慶丸商店という建物
昭和5年に石巻初の百貨店として建てられたもの、その後陶器店として80年にわたり市民に親しまれてきた。

木造3階建ての店舗併用住宅、多種多様なタイルで全面を覆った外壁、屋根のスペイン瓦、丸窓、アーチ窓
震災の後、平成25年に石巻市に建物が寄贈され、27年に石巻市指定文化財に指定

震災で1階部分が浸水し、災害復旧工事では建物の顔でもある全面タイル貼りの外壁に負担をかけない工法で補強された

店舗部分の広い空間を維持するため、鉄骨を入れて耐震補強し、あえてその部分をご覧いただくようにして、安全を確保した上でオリジナルを尊重する方針で工事を行った

観慶丸の名前の由来は創業家が千石船の沖先頭をしており、その船名に由来する

江戸方面へ荷物を運び、その帰りに陶器類を積み込んだということです。
(もらってきたパンフレットより)

1_20180919074647ee7.jpg
この中の1階部分での展示会でした

2_2018091907475051f.jpg

3_20180919074807f6f.jpg
以前の柱や梁などを残して修理、鉄骨での補強、きれいですねぇ

P1080961.jpg

P1080950.jpg
2階へ上がっていく人がいるので聞いたらOKとのこと、さっそく上がってみました
今は使えない状態の階段のアーチも残してあったり、なんだかおもしろい!

P1080960.jpg
船で運んできたときの陶器の梱包、アーティスティック、、、

P1080952.jpg

P1080953.jpg

P1080954_201809190810307de.jpg

P1080955_20180919075542791.jpg

P1080959.jpg

P1080956_201809190756268ae.jpg

石巻で発掘されたものが少しだけ展示されてました。
こういうの大好きなのです!

3階は今のところ公開されてはいないのですが、何かがあるときは展示になるときもあるらしい
展示会も楽しかったし、震災の後に被災したこの建物を見ていたので、今回中まで見ることができたのがうれしかった♪